偏奇館漫録へんきかんまんろく
○ 庚申の年孟夏居を麻布に移す。ペンキ塗の二階家なり。因って偏奇館と名づく。内に障子襖なく代うるに扉を以てし窓に雨戸を用いず硝子を張り床に畳を敷かず榻を置く。朝に簾を捲くに及ばず夜に戸を閉すの煩なし。冬来るも経師屋を呼ばず大掃除となるも亦畳 …
作品に特徴的な語句
とどめ みなぎら 佇立たたづ つる ついえ いわん くゆ そこな 須臾すゆ いえども むべ たっと たん 枳殻たちから ぼく いにしえ こまか ひそみ おわ 面色めんしょく 吹散ふきさん 青苔せいたい きらい 嫩葉どんよう つまびら いさぎよ 涼風りょうふう 芬々ふんふん 襤褸らんる かく 穿うが 紅髯こうぜん 以為おもえ へこ すこぶる はなはだ ひとり たん 牴牾ていご やに 里昂リヨン にわか むしろ すくな 一夜いちや ふなべり おもむろ また たちまち うれ にく とう こら こぞ こも おそれ 襁褓おしめ 賤陋せんろう ひそ 糠袋ぬかぶくろ もと しか いささ 聖代せいだい 聞説きくならく かた 臨皐りんこう 良人おっと 花卉かき ここ 草廬そうろ 荘子そうし 華魁おいらん 落寞らくばく うごめ 行衛ゆくえ 鞣皮なめしがわ 連袵れんじん いとま うつ 鉄鎚かなづち すず 間夫まぶ 階砌かいせい 随園ずいえん 雲脂ふけ 面勢めんせい ぶり 麻布あざぶ うぐいす 鴛鴦おしどり 鳥雀ちょうじゃく さわら 韓愈かんゆ