“幃”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とばり42.9%
28.6%
しんしつ14.3%
まく14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四郎は閻の手をとっての中へ入っていった。閻はその手からのがれようとしたがのがれることができなかった。
五通 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
一夜涼風を銀座に追う。す。正に連袵を成し挙袂幕を成し渾汗雨を成すの壮観なり。良家の児女盛装してカッフェーに出入す。
偏奇館漫録 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
そこで陳と公主は手を引きあってに入った。陳は言った。
西湖主 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
それは十五、六の綺麗な女であった。女は一度お辞儀をするかと思うともうの中へ入っていった。柳の魂は揺れ動いた。
織成 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)