“韓非子”の読み方と例文
読み方割合
かんぴし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
桃太郎猿蟹合戦も珍らしからざるべく、また『韓非子』『荘子』などにでたるも珍らしからざるべければ、日本支那のはきて印度の古話を
印度の古話 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
韓非子商鞅李斯らの英傑が刑名法術の政策を用いたからであって、その二世にして天下を失うに至ったのは、書を焚き儒をにしたに基づくことは、人の知るところであるが
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
それは邯鄲の歩みを学ばないうちに寿陵の歩みを忘れてしまい、蛇行匍匐して帰郷したと云う「韓非子」中の青年だった。今日の僕は誰の目にも「寿陵余子」であるのに違いなかった。
歯車 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)