法窓夜話ほうそうやわ02 法窓夜話02 ほうそうやわ
父は話好きであります。私が子供の時には、父は御定まりの桃太郎から始めて大江山鬼退治の話などをしてくれたものです。私がだんだん成人するとともに、父の話も次第に子供離れがして来まして、私が法科大学生の時代には、自然法律談が多く出ることになりまし …
作品に特徴的な語句
たり わた よって はたま よばわ しから いる うけたまわら おわんぬ かたどるに たてまつ あら おおせ つく 御免ゴメン もうす ソナ むなし よう みん けがれ おと この あんずるに そむ やす あまね はな おとの あた かわ よば しりぞ おの とうと たか 京童きょうわらわ ことさ せしめ ひそか ここ 穿 まさ がえ よろず やぶさか 義人よしと つく かか たまた くゆ こた たっと 目障めざわり しん こわし 在々ましまし つめ ならびに とど 回々フィフィ むな はな うた みずか いわく しず ひそか ゆだ 喫驚きっきょう むすめ たわむれ かえ 大人うし もし とく いにし あなが くわ かろ やわら とつ うったえ つい まことに 差構サシカマヒ
題名が同じ作品
法窓夜話:01 序 (新字新仮名)穂積重遠 (著)