“京童”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうわらべ47.1%
きょうわらんべ23.5%
きやうわらべ17.6%
きやうわらんべ5.9%
きょうわらわ5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
京童から“道誉羽織”とよばれている彼好みな改良仕立ての陣座羽織が幾通りもある。外出のたび、彼は自分で選ぶ好みでなければ着て出ない。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
都では、京童のこんな落首が六条河原に立てられ、六波羅の敗北を、小気味よがる風潮もあったというが、それよりは
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お針の亭主が縫殿頭山井庸仙老が典薬頭、売卜の岩洲友当陰陽博士になるといふ騒ぎ、たゞ暦日博士だけにはなれる者が無かつたと、京童が云つたらしい珍談が残つてゐる。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
そこで口善悪なき京童は、「周防殿すら持て余したこの訴訟、佐渡殿などには歯も立つまい」と口々にいいしたが、さて佐渡守が職に就いて、その裁決を下したのを見れば、調査は明細
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)