“きやうわらべ”の漢字の書き方と例文
語句割合
京童100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お針の亭主が縫殿頭山井庸仙老が典薬頭、売卜の岩洲友当陰陽博士になるといふ騒ぎ、たゞ暦日博士だけにはなれる者が無かつたと、京童が云つたらしい珍談が残つてゐる。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
兎角京童口善悪なき、飛んだ迷惑をするものも出来れる次第なるが、これも一つは「人生」といふ字の意義の誤解され易きに因せし者なれば、無暗に敵になり味方になる事なく
人生の意義 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
京童にさへ「何ぢや。この鼻赤めが」と、罵られてゐる彼である。色のさめた水干に、指貫をつけて、飼主のない尨犬のやうに、朱雀大路をうろついて歩く、憐む可き、孤独な彼である。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)