“縫殿頭”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぬひのかみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“縫殿頭”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
冠山は因幡国鳥取の城主松平氏の支封松平縫殿頭ぬひのかみ定常で、実は池田筑前守政重の弟である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
お針の亭主が縫殿頭ぬひのかみ山井庸仙やまゐようせん老が典薬頭、売卜の岩洲友当いはずともあて陰陽おんやう博士はかせになるといふ騒ぎ、たゞ暦日博士だけにはなれる者が無かつたと
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)