“京畿”の読み方と例文
読み方割合
けいき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この話は、たちまち幾百里の山河を隔てた、京畿の地まで喧伝された。それから山城の貉がける。近江の貉が化ける。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
余は日本を愛するが故に、日本が無趣味のとなり果つるを好まぬ。余は京畿を愛する故に、所謂文明に乱暴されつゝある京畿を見るのが苦痛である。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
ここへ身を寄せる前にも、すでに十兵衛光秀は、京畿のあいだから、山陰、山陽の地方など、なく旅して来た。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)