“商鞅”の読み方と例文
読み方割合
しょうおう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
王子比干や商鞅も韓非子も高青邱も、呉子胥や文天祥も、死刑となった。木内宗五も吉田松陰も雲井竜雄も、江藤新平も赤井景韶も富松正安も、死刑となった。
死刑の前 (新字新仮名) / 幸徳秋水(著)
秦の商鞅は自分の制定した法律のために関下せられず、「嗟乎法をるの弊に至るか」
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
漢王は、その前時代の、秦の商鞅が、苛政、暴政をいて、民を苦しめたあとなので、いわゆる三章の寛仁な法をもって、まず民心を馴ずませたのだ。——前蜀の劉璋は、暗弱、紊政
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)