“商店”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうてん71.4%
しやうてん14.3%
あきないみせ7.1%
みせや7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、商店は、すこしでもよけいに品物ろうとって、店先をきれいにって、いたるところで景気をつけていました。
酔っぱらい星 (新字新仮名) / 小川未明(著)
欄干のさしてからぬ火影にはくの商店いてゐるでなければ、真面目女事務員としかえないくらい、にそのしてゐる。
吾妻橋 (新字旧仮名) / 永井荷風永井壮吉(著)
片側の商店の、しい、瓦斯洋燈の灯と、露店のかんてらが薄くちらちらと黄昏の光を放って、水打った跡を、浴衣着、団扇を手にした、手拭を提げた漫歩の人通、行交
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私はり、イラ/\した。ただ、私には今迄一二度逃げ場所の交渉をして貰った女がいた。その女は私が頼むと必ずそれをやってくれた。女はある商店の三階に間借りして、小さい商会に勤めていた。
党生活者 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)