“大商店”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおどこ50.0%
だいしやうてん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四十五、六の立派な仁態、デップリと肥えた赧ら顔、しかもみなりは縞物ずくめで、どこから見ても海賊とは見えず、まずは大商店の旦那である。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
何處大商店避難した……店員たちが交代貨物をするらしくて、には七三で、眞白で、この友染模樣派手單衣た、女優まがひの女店員二三人姿えた。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)