“仁態”の読み方と例文
読み方割合
じんてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「へい」と云って仁右衛門を見たが、なかなか立派な仁態である。「ナーニあなた、そのはね、一口に云えば乞食でさあ。 ...
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
四十五、六の立派な仁態、デップリと肥えた赧ら顔、しかもみなりは縞物ずくめで、どこから見ても海賊とは見えず、まずは大商店の旦那である。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
年の頃は二十五、六、田舎者まる出しの仁態で言葉には信州のりがあった。
日置流系図 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)