“仁丹”の読み方と例文
読み方割合
じんたん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
駿河台下まで散歩していた時に、とある屋根の上に明滅している仁丹の広告を見るとまた突然この同じ文字が頭の中に照らし出された。
神田を散歩して (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
歳暮大売出しの楽隊の音、目まぐるしい仁丹の広告電燈、クリスマスを祝う杉の葉の蜘蛛手に張った万国国旗、飾窓の中のサンタ・クロス
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
そのおよんちゃんの間借りしている煙草屋からの帰りみち、駒形の四つ辻まで来ると、ある薬屋の上に、大きな仁丹の看板の立っているのがのあたりに見えた。
幼年時代 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)