“仁和寺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にんなじ95.5%
にんなぢ4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その結果、同門の一族協議の末に、仁和寺のさる高僧に頼んで、光子の御方を尼として、嵯峨野の奥へ行い澄ませようと謀った。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
仁和寺の宇多上皇———亭子院が平中をお召しになって、「御前に菊を植えたいと思うので、よい菊を献上するように」
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
仁和寺門跡ます花の日と法師幕うつ山ざくらかな
舞姫 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)