“仁和加”の読み方と例文
読み方割合
にわか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「どうしたどころかい、近頃評判なもんだ。これで五丁町を踏鳴すんだぜ、お前も知ってるだろう、一昨年仁和加狒々退治の武者修行をした大坂家の抱妓な。」
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
桜の仲之町の道中も、仁和加も見た。金屏風を後にして、アカデミックな椅子に、洋装の花魁や、芝居で見るような太夫は厚いふきを重ねて、椅子の上に座り前に立派な広帯を垂らしているのを見た。
気候はとにかく、八畳の表座敷へ、人数が十人の上であるから、縁の障子は通し四枚とも宵の内から明放したが、夜桜、仁和加の時とは違う、分けて近頃のさびれ方。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)