“仁和”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にんな75.0%
ニンワ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“仁和”を含む作品のジャンル比率
言語 > 日本語 > 音声 音韻 文字9.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
元慶ぐわんぎやうの末か、仁和にんなの始にあつた話であらう。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
さりながら京の様子をうかがいますと、わたくしのまだ居残っておりました九月のはじめには嵯峨の仁和にんな天竜てんりゅうの両巨刹きょさつも兵火に滅びましたし、船岡山では大合戦があったと申します。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
恩愛オンアイ」オンナイ、「難有ナンウ」ナンヌ、「仁和ニンワ」ニンナ、「輪廻リンヱ」リンネ、「因縁インエン」インネン、「顔淵ガンエン」ガンネン。
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)