“霊亀”の読み方と例文
読み方割合
れいき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今一歩を踏み出せば、せっかくの嫦娥が、あわれ、俗界に堕落するよと思う刹那に、緑の髪は、波を切る霊亀の尾のごとくに風を起して、いた。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「大して古いという程でもないが、今よりザッと一千年前の霊亀年間から、この武蔵野にお住居なされておる」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『続日本紀』の霊亀元年に、南島から日本の使臣に引率せられて、来朝したという信覚・球美らの国人が、各方物してを賜わったという記事は、くから双方に知られていた。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)