“養和”の読み方と例文
読み方割合
やうわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
養和の秋、富士河の水禽も、まだ一年ぬ夢なれば、一門の公卿殿上人は言はずもあれ、上下の武士何時しか文弱みて、嘗て丈夫の譽に見せし向ふ疵も、いつの間にか水鬢はれて
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)