“養家”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ようか50.0%
やうか33.3%
さと16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
養家事件でその特色を強く胸のり付けられた私が、これは様子が違うと明らかに意識したのは当然の結果なのです。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
桂次をる此許養家かれて伯父伯母といふがら、はじめて此家たりしは十八の田舍縞着物あげをかしとはれ
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
実家だと思っていたほど、可愛がられて育った、養家親のは、品川の漁師だった。
柳原燁子(白蓮) (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)