柳原燁子(白蓮)やなぎはらあきこ(びゃくれん)
ものの真相はなかなか小さな虫の生活でさえ究められるものではない。人間と人間との交渉など、どうして満足にそのすべてを見尽せよう。到底及びもつかないことだ。 微妙な心の動きは、わが心の姿さえ、動揺のしやすくて、信実は書きにくいのに、今日の問題の …
作品に特徴的な語句
ひろ いき あば いね 此方このかた りょう あい しょう つら かたわ かん しっ ひと うる 幾年いくとし おも ぎぬ 小屋しょうおく 婦人ひと こう 女性ひと 女人ひと おろか びと 養家さと そう 生母おかあ 信実まこと いか たず 目覚めざめ しに ぎみ おっと かご たた しん のち はぐく とびら 小雀こすずめ たず いや こび よみ かん あき 女史ひと ひと 一夜いちや たま 人品ひとがら からだ 炮烙ほうらく はか すべ 反故ほぐ 追出おいだ てつ 栄耀えよう ついや 喀血かくけつ 貴女きじょ 美姫びき はし 笑顔えがお たましい 致方いたしかた 腕白わんぱく 瓢箪ひょうたん 生優なまやさ 生垣いけがき 素振そぶり 胡砂こさ そむ 生麦なまむぎ 痛手いたで うらや 美貌びぼう 筑紫つくし うかが 穂積ほづみ ほそ から 短冊たんざく 竜介りゅうすけ つづ 緋房ひぶさ 編輯へんしゅう 白村はくそん 緞子どんす