“さと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サト
語句割合
22.3%
17.5%
14.7%
8.5%
実家5.2%
5.1%
5.0%
3.3%
3.1%
2.4%
2.1%
生家1.6%
1.5%
1.0%
0.9%
0.9%
實家0.6%
0.6%
0.5%
遊里0.5%
0.4%
0.2%
0.2%
故郷0.2%
0.2%
0.2%
里家0.2%
暁得0.1%
遊廓0.1%
怜悧0.1%
了解0.1%
人家0.1%
土地0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
読了0.1%
0.1%
0.1%
通暁0.1%
通達0.1%
郷家0.1%
郷里0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
養家0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
め廻した時は、さしも戦い下手の同勢も、非をって形を変え、五弁の花がをつつむように、この敵ひとりを囲み込んでいた。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もとよりです。懸命におしつかまつッた。けれど、耳にもかけるふうではない。……兄者には、ここ数日、泣かんばかり出陣の儀を
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もう駄目だとつた私は、二つに割れた石板缺片んで拾ひながら、最惡の場合に處する爲めに、勇氣をひ起した。時は來た。
「人間には嬉し泣きってものがある。松王に泣き笑いがあるように、壺坂沢市とおに嬉し泣きをさせたら何うだろうと思う」
心のアンテナ (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
そこを君は知らんぢやらう? え? 世間には伏せてあつたのだが、伯爵夫人は、ある不治の病のために、実家へ帰つてをられたんだ。
(新字旧仮名) / 岸田国士(著)
その瞬間であつた。一種の異臭のかに浮び出るをくも感覚した長次は、身体の痛みも口惜しさも忘れ、跣足のまゝに我家へ一散走り
名工出世譚 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
家の者は驚き疑って、もう宋公が神になっているのを知らないから、走っていっての者にいて呼びもどそうとしたが、もう影も形もなかった。
考城隍 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
怜悧な小犬は二人の出て行く物音に樣子をつて、逐ひ籠められないうちに自分から椽の下にもぐり込まふとしてゐるのであつた。
木乃伊の口紅 (旧字旧仮名) / 田村俊子(著)
「上天文に通じ、下地理をり、謀略は管仲、楽毅に劣らず、枢機の才は孫子、呉子にも並ぶ者といっても過言ではないでしょう」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いや、狂人ならとにかく、正気を持ちながら、毎日、や盛り場で、喧嘩をしては、狂人ほど人間を斬る奴。町方も、ちと持てあましておる男で」
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
していひけるは、汝が聞けるおのが凶事を記憶にめよ、またいま心をわが言にそゝげ、かくいひて指を擧げたり 一二七—一二九
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
生家では二三年のあいだ家を離れて、其方こっち放浪して歩いていた兄が、情婦死訣れて、最近にいた千葉の方から帰って来ていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
怜悧なる商人を作り、敏捷なる官吏を作り、寛厚にして利にき地主を造るに在り。彼は常に地上を歩めり、彼れは常に尋常人の行く所を行けり。
明治文学史 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
しかも太祖が懿文太子に、七国反漢の事をしたりし時は、建文帝未だ生れず。明の国号はじめて立ちしのみ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
しかも、女神のさと敏感さは年経る毎に加わるらしく、天象歳時の変異を逸早く丘麓の住民たちに予知さすことに長けて来た。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
婦人は此言をなしりて、におのれの擧動のえたるをれりとおぼしく、に火の如きして席をすべり出でぬ。
富貴には親類顏幾代先きの誰樣縁故ありとかなしとかまでが實家あしらひのえせ追從
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
その僕これをしみにその被いを開くと、皿上に白蛇あり、一口むるとたちまち雀の語を解し得たので、王の一切智の出所をったという。
ダルガスのごとき「き愚人」がおりませんならば、不幸一歩を誤りて戦敗の非運に遭いまするならば、その国はそのときたちまちにして亡びてしまうのであります。
わちきがへはいりぞめ、そのおりちょうど清吉さんも商用で江戸表に参られて遊里へ足をはいりぞめに、ふとれそめたのが深間にはいり
聴くことはくありたいと思い、顔色は温和でありたいと思い、態度は恭しくありたいと思い、言語は誠実でありたいと思い、仕事は慎重でありたいと思い、疑いは問いただしたいと思い
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
いまだらずとは何を達らないのであるか。そこにはいろいろな解釈を容れる余地があるであろう。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
郎女の心に動き初めたい光りは、消えなかった。今まで手習いした書巻の何処かに、どうやら、法喜と言う字のあった気がする。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
やがて国許へ立帰る侍が、大路の棟の鬼瓦をめて、故郷に残いて、月日を過ごいた、女房の顔を思出で、て久しい可懐さに、あの鬼瓦がその顔に瓜二つじゃと申しての
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
こういうときの領民は国主の慈眼を読みとることに甚だい。語らずといえども領主の心はよく知るのである。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
くないからなんですよ。
千世子(三) (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
保雄の妻と成つて以来良人と一緒に貧しい生活に堪へて里家から持つて来た丈の衣類は皆子供等の物に縫ひ換へ、帯と云ふ帯は皆売払つて米代に
執達吏 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
黒衣棲居を立出でしが、が言葉を虚誕なりとは、月にめく路傍の、露ほども暁得らねば、ただ嬉しさに堪えがたく
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
黄金丸はやや暁得りて、「さてはわが亡親魂魄、仮に此処に現はれて、わが危急を救ひ給ふか。阿那感謝し」
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
喧嘩沙汰は年中のことだし、血なまぐさいものを、秘密裡にまた迅速に、処理してしまうことにもこの遊廓の者は馴れていた。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
貴方はそれでよいじゃろが、身装をしていては、綺羅やかな遊廓の席に、雑巾が置いてあるように見ゆるではないかの。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
怜悧き浪子は十分にんで、ああうれしいかたじけない、どうぞ身をにしても父上のおためにと心に思いはあふるれど、気がつくほどにすれば
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
遠洋航海より帰り来て、浪子のやせしを見たる武男が、粗豪なる男心にも留守の心づかいをくみて、いよいよいたわるをば、いささか苦々しく姑の思える様子は、怜悧き浪子の目をのがれず。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
我れ知る汝は一切の事をすを得給う、またいかなる意志にても成すわざるなし、無知をもて道をう者は誰ぞや、かく我は了解らざる事を言い、自ら知らざる測りがたき事を述べたり
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
れ去らんと欲すれども、夜行太と黒三と、かはり代りに宿所にをれば、思ふのみにて便りを得ず、よしやありとても、山深くして道遠かり、いづこを人家ある処ぞと
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
五両と三両った、の代を頂いたんで、ここで泊込みの、湯上りで五合めた日にゃ、懐中腕車にして、土地へ帰らなけりゃならねえぞ。
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これを明らかにするなく、これをらするなく、英雄一個の心智を以て、四海万姓をぶ事、そも/\天の意なるや
山崎合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
周はあきれて鏡を見ていたが、まもなくこれは成が幻術を以て自分を隠遁させようとしているためだろうとった。
成仙 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
何かにつけて若いものを教えすような口調で節子に話しかけた。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
この心通の作用によりまして、対手の心を読了ることができるのでございます。
妖怪談 (新字新仮名) / 井上円了(著)
と、おさんは、されました。
青い石とメダル (新字新仮名) / 小川未明(著)
若い忠興はふと軽んじるような念を抱いたが、いつか佐和山城内で、父の藤孝からろにされたことばを思い出して
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一国の神社仏閣名所旧跡山川地理人物国産薬品までも、をいだして通暁しやすくしたる精撰也。此に右菱山見えたれど、さのみはとて引ず。
よわが目これをく観、わが耳これを聞きて通達れり、らが知る所は我もこれを知る、我は汝らに劣らず、しかりといえども我は全能者に物言わん、われは神と論ぜんことを
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
「お通さんの郷里は、作州の吉野郷じゃそうな」
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『だつて、君、左様るより外に考へ様は無いぢやないか——唯新平民が美しい思想を持つとは思はれないぢやないか——はゝゝゝゝ。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
今や汝しみ、あやしみてしかして物言はず、されどき思ひに汝のめらるゝ強きを我汝の爲に解くべし 四九—五一
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
戯れに一絶をって曰く、〈聞説獼猴性すこぶるし、相車来ればすなわち満山に迎う、騾にちてここに到れば何ぞかつて見ん、始めて覚る毛虫にもまた世情〉。
実家だと思っていたほど、可愛がられて育った、養家親のは、品川の漁師だった。
柳原燁子(白蓮) (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)