“壺坂”の読み方と例文
読み方割合
つぼさか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五十年輩の三味線弾きを一週に何度か日を決めて家へ迎え「揚屋」だの「壺坂」だの「千代萩」に「日吉丸」など数段をあげており、銀子も「白木屋」から始めた。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
呂昇が堀川のお俊や、酒屋のお園や、壺坂のお里を語るは、自己を其人にするのだ。同じ様な上方女、同じ様な気質の女、芸と人とがピッタリ合うて居るのだ。悪かろう筈がない。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
それは尾上楽之助、嵐吉松郎、実川実太郎など十余人に東京の少年俳優が幾人か加わって、「相馬良門」や「壺坂」などを上演し、楽之助の沢市なぞは好評であったが、これも長くは続かなかった。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)