縮図しゅくず
晩飯時間の銀座の資生堂は、いつに変わらず上も下も一杯であった。 銀子と均平とは、しばらく二階の片隅の長椅子で席の空くのを待った後、やがてずっと奥の方の右側の窓際のところへ座席をとることができ、銀子の好 …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ 烏賊いか 神田かんだ 通夜つや 長火鉢ながひばち 女々めめ 諏訪すわ 越後えちご 気儘きまま 石垣いしがき 煙草盆たばこぼん 不機嫌ふきげん あと 呂律ろれつ 披瀝ひれき 木蔭こかげ 袖口そでぐち 仮借かしゃく 孤児みなしご 小倉おぐら 野良のら 黴菌ばいきん 斡旋あっせん 浪花節なにわぶし 訊問じんもん 神楽坂かぐらざか 苗字みょうじ 飢饉ききん 洗濯せんたく 武蔵野むさしの 生木なまき 半襟はんえり 八百屋やおや おり 胡座あぐら 勃興ぼっこう 渾身みうち 日蔭ひかげ ます 脊中せなか とう 見栄みえ 素朴そぼく 冬籠ふゆごも 屈托くったく 窓硝子まどガラス 頑張がんば 灰汁あく 晩酌ばんしゃく 窓際まどぎわ 小豆あずき かき 鳶色とびいろ 中洲なかず 小唄こうた 書翰しょかん 旺盛おうせい 硝子窓ガラスまど 隅田川すみだがわ 熾烈しれつ 一棟ひとむね 井戸端いどばた 厭気いやき 廃頽はいたい 強靱きょうじん 行火あんか 醗酵はっこう 蹉跌さてつ 夢現ゆめうつつ 一廉いっかど 手蹟しゅせき 甲羅こうら 函館はこだて 千々ちぢ 自嘲じちょう 意嚮いこう 手土産てみやげ 区々まちまち 婉曲えんきょく 手甲てっこう のき 山姥やまうば 常磐津ときわず しお 瓜実顔うりざねがお はこ 熱海あたみ やく 取做とりな 蓮池はすいけ 面当つらあ 黙祷もくとう 諒解りょうかい 為替かわせ かつお 苛酷かこく 栄耀えいよう 遠退とおの