縮図しゅくず
晩飯時間の銀座の資生堂は、いつに変わらず上も下も一杯であった。 銀子と均平とは、しばらく二階の片隅の長椅子で席の空くのを待った後、やがてずっと奥の方の右側の窓際のところへ座席をとることができ、銀子の好みでこの食堂での少し上等の方の定食を註文 …
作品に特徴的な語句
わー たる あたい わん 頭髪おつむ おじ 億劫おっくうう 珈琲コオヒー しゃが はア かんば たん ひけら かじか みの しょ しゃ つま がい がさね 狼狽うろたえ あい わけ はた 機会きっかけ ほど 仕舞しも みっ がしら 蜿蜒うねり ふとこ わなな めあわ はま ばなし かわ たこ ほぐ 爪弾つめび 強請せび あしら づか うつ まき しぼ けぶ たかし めえ 出端ではな つか うわ こわ 洞穴あな 心地ごこち 憧憬しょうけい 落籍ひき しりぞ はた おろそ あん ごも はや はた 強請せが なまめ へば とど そこ おく っか うる 水腫むくみ 繩張なわばり ぎら さぐ 貴女あんた ゆだ 庖丁ぼうちょう 谿間たにあい おとしい 跪坐しゃが