“国許”のいろいろな読み方と例文
旧字:國許
読み方割合
くにもと96.6%
こくきよ3.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
国許のほうはどういうぐあいのものか、そこは種々となにもあるだろうが、自分もいちどはいってみたいと思うが、どんなものか」
百足ちがい (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
ちとかだが、それがしは今日ここを立って、美濃国許へまかり越え、その足ですぐ安土へ伺い、信長公の御処分をうけようと思う。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これは農業のかたはらをもなすゆゑに国許なり。
これは農業のかたはらをもなすゆゑに国許なり。