成仙せいせん
文登の周生は成生と少い時から学問を共にしたので、ちょうど後漢の公沙穆と呉祐とが米を搗く所で知己になって、後世から杵臼の交といわれたような親しい仲であったが、成は貧乏であったから、しょっちゅう周のせわになっていた。そのうえ歯も周がうえであった …
作品に特徴的な語句
にわか こう めと わけ すずり あと あまね かおかたち さと せい もと とし 真箇まこと かお ずきん うったえ こう まこと つかま うで あご 一躍ひととび 人間じんかん とら 嬰児あかんぼ おのれ よう のぞ 老媼ばあや かたき 僮子どうし けしか おと しばら ねえ 御猟ごりょう 忿いかり つくえ ともしび 申立もうした はや わたくし さぐ まば つみ うと にわか 仕度したく 何人なんぴと そば そば かぶ 函書てがみ えぐ 労山ろうざん ひる たた 吏部りぶ 呉祐ごゆう 周生しゅうせい うそ うち 封緘ふうかん くつ きぬ まぼろし 幾莖すうほん 座上ざしき 御批ぎょひ こた 忽然こつぜん おそ いか めぐ くや 悵然ちょうぜん 惨酷ざんこく こころ おどろ 慨然がいぜん おそ とら やぶ 文登ぶんとう しばら 木市きば