木乃伊の口紅ミイラのくちべに
淋しい風が吹いて來て、一本圖拔けて背の高い冠のやうな檜葉の突先がひよろ/\と風に搖られた。一月初めの夕暮れの空は薄黄色を含んだ濁つた色に曇つて、ペンで描いたやうな裸の梢の間から青磁色をした五重の塔の屋根が現はれてゐた。 みのるは今朝早く何所 …
作品に特徴的な語句
あを すさま くわ ちぎ 外見みつとも くは もつ もの うち 可愛いと くは はぐ 何方いづれ はた 基礎もとゐ はた はな 背丈せいだけ いつ 彼方あつち べり はじ 空虚からつぽ さう 貧乏きうぼう ふる いぢ かい かん 遂々たうとう 執念しふね よぎ つく 結局おち 精靈しやうらい くゞ 歩行あゆみ 此方こつち ほど 打突ぶつつ なぶ 女形をんながた 均衡つりあひ せい 冷嘲あざ したゝ 滲染にじ せん のが 何方どつち 蓮葉はすつぱ 暫時しばし なゝめ 其樣そんな 言問こととひ くう なに まづ 手強てづよ うしろ 半巾はんけち ちゞ こら かた 容貌きりやう なまめ あが さと 普通なみ たゝ 逢魔あふま 暫時しばらく 行田ゆきだ くしけず 棧敷ざしき 高價たか 叫喚さけび そと 洋傘かうもり 各自てんで 艶味つや 香奠かうでん