いずみ
北支の戦線から一年半ぶりで故郷の村へ帰つて来た黒岩万五は、砲兵上等兵の軍服を思ひきりよく脱いで、素ツ裸に浅黄の腹掛けといふ昔どほりの恰好になつた。今日だけは麦藁帽が見つからず、しかたがない、当節誰でもがかぶつてゐる戦闘帽の星をもぎつたのをき …
作品に特徴的な語句
あつたま てえら てえ だひら あつた まゝ おり かた 寝室ベツド ことさ 盗人ぬすつと 昨夜ゆんべ うつゝ めえ たひら 寝台ベツド 南方みなかた 悪戯いたづら 手硬てごは めん 弾機バネ びと 落胆がつかり ぬる くう 周囲まはり 親爺おやぢ しん 昨日きのふ 中宿なかじゆく つら 故郷くに 神島かじま 突端とつぱな ずね ひと しん かた たかし けえ 内海うつみ 先登せんとう 理由わけ 白良しらら 土鼠もぐら たか 厚顔あつかま もと はら 自棄やけ じん しのぎ 交際つきあ 階下した 五弓ごきゆう 乾分こぶん 万千まち たか 来手きて 所業しわざ ドア みち 弾丸たま かた もと 明日あす 布令ふれ いとま けむ やす 殿しんがり 母屋おもや 気質かたぎ 氷柱つらら うち 実家さと おび