“高山寺”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうざんじ75.0%
こうせんじ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうしてかの有名な高山寺こうざんじ蔵の絵巻物の画面を思い起こしながら、「絵巻物と活動時代」という一つの論題テーマに思い及んだ。
映画時代 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
——これに、仁木左京大夫頼章よりあきの一手も付き、氷上郡の高山寺こうざんじ城から、たえず、加古川上流の渓谷づたいにくだって来ては、官軍のうしろをおびやかしていたのである。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
余戸あまべの説明をした古文を見ますと、京都の栂尾とがのお高山寺こうざんじに伝わっていた「和名抄わみょうしょう」という書物がありまして、その中に、「班田はんでんに入らざる之を余戸あまべといふ」とあります。
「したが、兵庫氷上ひょうごひかみ高山寺こうせんじっていた一派の宮方武士などは、ついにこれへは参加せず、山越えにて、鞍馬方面へ移り去ったと聞くではないか」
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)