“高山路”の読み方と例文
読み方割合
たかやまみち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旅行はまだまだ不便な当時にあって、それだけも容易でない上に、美濃の加子母村あたりからはいる高山路と来ては、これがまた一通りの険しさではない。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)