“高山彦九郎”の読み方と例文
読み方割合
たかやまひこくろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
諸国に荒廃した山陵を歴訪して勤王の志を起こしたという蒲生君平や、京都のさびしい御所を拝していたという高山彦九郎のような人物のあらわれて来たのでもわかる。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
元來日本古墳研究は、かの高山彦九郎林子平などゝ寛政三奇士といはれた蒲生君平が、御歴代御陵れたり、わからなくなつてゐるのをいて、自分各地御陵探索
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
新様の歌も詠み、慷慨激烈の歌も詠み、和暢平遠の歌も詠み、家屋の内をも歌に詠み、広野の外をも歌に詠み、高山彦九郎をも詠み、御魚屋八兵衛をも詠み、侠家の雪も詠み、妓院の雪も詠み
曙覧の歌 (新字新仮名) / 正岡子規(著)