曙覧の歌あけみのうた
余の初め歌を論ずる、ある人余に勧めて俊頼集、文雄集、曙覧集を見よという。それかくいうは三家の集が尋常歌集に異なるところあるをもってなり。まず源俊頼の『散木弃歌集』を見て失望す。いくらかの珍しき語を用いたるほかに何の珍しきこともあらぬなり。次 …
作品に特徴的な語句
めせ ゆけ おえ おわ つこう よごれ まろがり くわ ゆく いちじるし しずむ ひえ 赤裸まはだか みなもとの 御像みかた 男子おのこ あた さかしま ゆき もうで ぼん めい わらい 晩食ゆうげ ふり おも ぞう 御供みとも いだ あい 一握いちあく 砂上すなのうえ よろい 草花くさのはな おつ ぬき わが 天皇すめらぎ まずし 這入はいり いり 銚子さしなべ おも いで 凡人ただひと 匍匐はらばい いお あい うら ともしび 行幸いでまし 御諭みさとし づけ びと まなば うごか わが 羊腸つづらおり むらが 御酒みき はし きか つまびらか あらざ いやし もっとも ひき おち もち 薔薇そうび やっこ まつ おのずか たくみ 八百やお 御貢みつぎ もと うか 一人いちにん からうす つき ひとり ひき 瀏覧りゅうらん ぬら 涌出わきいづ 松戸まつのと 匍匐はらば