“寿商店”の読み方と例文
読み方割合
ことぶきしょうてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寿商店独息子新太郎君が三度目の診察を受けた時、丹波先生は漸く転地を勧めてくれた。
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
新橋で下りて銀座の寿商店へ向った寛一君は只管伯父を恐れた。伯父の信任を裏切ったという自覚がある。いや、うから裏切っているのだが、それが知れてしまったという自覚にめられる。
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)