“寿永”のいろいろな読み方と例文
旧字:壽永
読み方割合
じゅえい85.7%
じゆえい14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
治承寿永という風雲乱世は、つい昨日のようであったが、今はもう鎌倉幕府という言葉さえ、民衆には新しいひびきがくなっている。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
最初一瞥して寛永と見たが、見直すと寿永に見えた。寿永では古い、平家没落の頃だ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
ほととぎす治承寿永のおん国母三十にしてよます寺
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)