恋衣こいごろも
詩人薄田泣菫の君に捧げまつる 絵画 詩 白百合 みをつくし 曙染 君死に給ふこと勿れ 恋ふるとて いかが語らむ 皷いだけば しら玉の 冥府のくら戸は 白百合 山川登美子 髪ながき少女とうまれしろ百合に額は伏せつつ君をこそ思へ 聖壇にこのうら …
作品に特徴的な語句
さも しう をなご ちう さう 永劫えうがふ きやう ちやう くわ うへ 遅々ちゝ 鹿しゝ 障子さうじ せい あけ さう はゝ 御主おしゆう しほ きやう 昨夜よべ おも 雌雄めを かむり 十方じふぱう とほ たゝ ゑん むろ 百日もゝか 小笹をざゝ ちゝ 火焔ほのほ ぢん なゝ 魔神まがみ ぬか びと 青木あをき 今日けふ きず かい すもゝ 愛着あいぢやく 枯木からき さか ふく 羽搏はう 御筆みふで 紅蓮べにはす いちひ 御料ごりやう 御文みふみ あめ 御兄みあに もゝ 瓔珞えうらく 王者わうしや 水際みぎは 犯人ぼんにん にへ しよく あは 治承ちしやう 旧家きうか もろこし 昨日きのふ 智者ちしや ふみ 木下こした はえ さを かへで ろう 殿との 母屋もや 水浴みあ 赤熱しやくねつ 袞竜こんりよう ずゐ