“百日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ももか37.5%
ひゃくにち25.0%
おででこ12.5%
ひやくにち12.5%
もゝか12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
る」は、障礙のことで、「百日しも行かぬ松浦路今日行きて明日は来なむを何かれる」(巻五・八七〇)にも用例がある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
梶原申しけるは、一歳百日ひけるに、賀茂川桂川水瀬切れて流れず、筒井の水も絶えて、国土の悩みにて候ひけるに、——
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「両国の百日芝居で覚えて来やあがって、乙な啖呵を切りゃあがるな。そんな文句はほか様へ行って申し上げろ。お気の毒だが辻番が違うぞ」
半七捕物帳:11 朝顔屋敷 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
あとの大勢つたら、のあくるから、吹放されて、西へ——西へ——毎日々々百日六日えない大灘うて、おを二薄粥
印度更紗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
の花朝々つむにかずつきず待つと百日をなぐさめ居らむ
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)