“八百日”の読み方と例文
読み方割合
やほか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「白細砂」とあって、やはり砂のことを云っているし、なお、「八百日ゆく浜のも吾が恋にまさらじかつ島守」(巻四・五九六)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
八百日を夢になぞへしや
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
八百日しさ。
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)