“八百屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やおや76.0%
やほや20.0%
やをや4.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
節季はむろんまるで毎日のことで、醤油屋、油屋、八百屋鰯屋乾物屋、炭屋、米屋、家主その他、いずれも厳しい催促だった。
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
アヽおつて少々てえ事があつて出ましたんで。書生「おたい……エヽ先生八百屋甚兵衛さんがお入来で。 ...
八百屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
八百屋大工太吉がさつぱりとせぬがとかせしとふにであげられましたと、眞中をさして、子細なく取立てゝをするもなし
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)