“鰯屋”の読み方と例文
読み方割合
いわしや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
節季はむろんまるで毎日のことで、醤油屋、油屋、八百屋鰯屋乾物屋、炭屋、米屋、家主その他、いずれも厳しい催促だった。
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
小供の時分本町の鰯屋へ奉公に行っていた時、浜の西洋人が可愛がって、外国へ連れて行くと云ったのを断ったのが、今考えると残念だなどと始終話していた。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
こうしてたどり着いたのが助川の旅籠鰯屋の門口だ。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)