“鰯子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しこ66.7%
いわしこ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鰯子”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
群れつつを生簀いけす鰯子しこの片寄りにそろひさ走りめぐりやまぬかも
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
この磯は半ば枯れたる浜木綿はまゆふの日向かがやかし鰯子しこの函干す
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
……すくい残りのちゃっこい鰯子いわしこが、チ、チ、チ、(笑う。)……青いひれの行列で、巌竃いわかまどの中を、きらきらきらきら、日南ひなたぼっこ。ニコニコとそれを見い、見い、身のぬらめきに、手唾てつばきして、……漁師が網をつぐのうでしゅ……あの真似をして遊んでいたでしゅ。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)