“浜木綿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はまゆふ80.0%
はまゆう20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『万葉集』巻四に「三熊野之浦乃浜木綿百重成心者雖念直不相鴨」という柿本人麻呂の歌がある。この歌中の浜木綿はすなわちハマオモトである。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
万葉などに歌はれてゐる「浜木綿」すなはち、「はまおもと」の実物を見た日の、あのなにかしら胸の血の湧くやうな気持を忘れることはできない。
(新字旧仮名) / 岸田国士(著)
植物の名は知らないが、浜木綿とか浜防風とか呼ぶのだろう。砂丘にしがみつくようにして、群生している。そこらに腰をおろして、彼は海を見渡した。沖に大きな島かげが見えた。甑島だ。
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)