幻化げんか
五郎は背を伸ばして、下界を見た。やはり灰白色の雲海だけである。雲の層に厚薄があるらしく、時々それがちぎれて、納豆の糸を引いたような切れ目から、丘や雑木林や畠や人家などが見える。しかしすぐ雲が来て、見えなくなる。機の高度は、五百米くらいだろう …
作品に特徴的な語句
ない おなご 大根でこん さが おば のべ しゅう 縁者ひっぱり しな 衣嚢いのう おん 厚顔こうがん とまり 晩酌だいやめ はず 大分おおいた いわ 熟睡じゅくすい 共謀きょうぼう 省察しょうさつ 饒舌じょうぜつ 飛沫ひまつ 眺望ちょうぼう はじ ふう かげ 口遊くちずさ こいし 義姉ねえ びつ きゅう たず 酒宴しゅえん かばね 尺度しゃくど 土蔵どぞう 景品けいひん 詳細しょうさい あしうら おもむ 故郷くに 女将かみ 豚脂ぶたあぶら おんな 納戸なんど 艪臍ろべそ 舟子かこ 興梠こうろぎ ぜん 膝頭ひざがしら 腐敗ふはい すね 背徳はいとく さかな ひじ 肋骨ろっこつ あばら 繁昌はんじょう しま 縄筵なわむしろ ふち 緩慢かんまん 知覧ちらん けが 甘美かんび 畸形きけい 疎外そがい うず 痙攣けいれん しゃく 発作ほっさ しわ さかずき たらい 真似まね 眩暈めまい まぶた 矛盾むじゅん 知己ちき 納豆なっとう メートル 納屋なや 納得なっとく 甑島こしきじま 素人しろうと 紡織ぼうしょく