“八百松”の読み方と例文
読み方割合
やおまつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
漆の如きに貫一の書斎の枕時計は十時を打ちぬ。彼は午後四時より向島八百松に新年会ありとてらざるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
その頃、銀座さんとうる化粧問屋の大尽があって、に、「仙牡丹」という白粉を製し、これが大当りに当った、祝と披露を、枕橋八百松で催した事がある。
開扉一妖帖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
只今は八百松という上等の料理屋が出来ましたが、其の時分あの辺は嬉しの森と云いまして、樹木の生茂りて薄暗うございまする。枕橋へかゝると吾妻橋が一目に見えまする。