“百日草”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひゃくにちそう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“百日草”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
牡丹ぼたんや桜のように直ぐ散ってしまう花には同情が持てない。れてもしがみ付いている貝細工草かいざいくそう百日草ひゃくにちそうのような花にかえって涙がこぼれる。
現代若き女性気質集 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)