“寿司”のいろいろな読み方と例文
旧字:壽司
読み方割合
すし87.5%
ずし12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから暫くたった時、今日はうまい物を腹いっぱい食べてってしまってやろうと思った。寿司が第一に眼についた。
御身 (新字新仮名) / 横光利一(著)
窓の下の市場は喧噪をきはめて、燈火がやかに光り出した。ゆき子は一人で部屋を出て行つて、寿司と、カストリ酒をビール一本買つて来た。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
固型寿司や、水玉のように、ごむ袋の中に入った羊羹は、とても美味しかったので、舌鼓を打つと、将校の一人は
怪奇人造島 (新字新仮名) / 寺島柾史(著)
出もどりの姉おこよにやらせている名物いろは寿司っ引きいろは文次が住まいである。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)