つづれ烏羽玉つづれうばたま
花吹雪 どこかで見たような顔だね 花を咲かすのが雨なら散らすのも雨。 隅田川木母寺梅若塚の大念仏は十五日で、この日はきまって雨が降る。いわゆる梅若の涙雨だが、それが三日も続いた末、忘れたようにからりとあがった今日の十八日は、浅草三社権現のお …
作品に特徴的な語句
もて たま まい やつ たて ふた 良人うちの ぴん てん くるぶし 武士りゃんこ して きり ぷち 紅潮べに おと 羞恥はじらい 武士さんぴん じる 主人おやじ 結局けっく つく 此家これ 想像あたり われ じじ うしろ つば 燈火ともし 静寂しずかさ 芝居しべえ あま 老翁おやじ 桜花ばな やかた おつ 態度そぶり さむれえ 以前まえかた ばら 昼間ひる くせ やつ たか 長刀どす 鑑識 はな とっ 彼方むこう 威嚇おどし やす くら はえ ひつじ めえ どき 家内なか とも 由緒ゆかり 店頭みせきき 終了おち 漆黒うるし うで 邸内やしき 因縁いわれ 何人たれ 情夫まぶ 彼奴きやつ 稼業しょうべえ あや 三味いと 蒼白まっさお 黒闇やみ 建築つくり はかりごと そく 脅迫ゆすり やっこ 打割ぶっさき 茶碗ぢゃわん けえ 故買ずや 邸内なか 存外ぞんげえ ちげ 失敗しくじり かた 裏面うらおもて 家主おおや 記憶おぼえ 闇黒くらやみ