“昼間”のいろいろな読み方と例文
旧字:晝間
読み方割合
ひるま89.8%
ぴるま7.1%
ちうかん1.0%
ちゅうかん1.0%
ひる1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひとりきりになると、男はぎわにいって、まだ昼間だというのに、カーテンをひいた。へやのなかが、きゅうに、うす暗くなった。
やなどはいつぞや御庭の松へ、をかけて居りましたら、まっ昼間空に大勢の子供の笑い声が致したとか、そう申して居りました。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
わたくしは大正五年の文部省展覧会の洋画を監査して家に還り、其夜燈下に此文を草する。昼間観た油画に児童が石蒜数茎を摘んで帰る図があつて、心にこれを奇とした。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
昼間満都の人気を集めて、看客の群れ集うだけ、それだけ人気のない会場は一層静かなものであった。
真珠塔の秘密 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
そして守人は、昼間は病気とか病後とかいい立てて引きこもっているのだ。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)