かげ
横浜。 日華洋行の主人陳彩は、机に背広の両肘を凭せて、火の消えた葉巻を啣えたまま、今日も堆い商用書類に、繁忙な眼を曝していた。 更紗の窓掛けを垂れた部屋の内には、不相変残暑の寂寞が、息苦しいくらい支配していた。その寂寞を破るものは、ニスの匀 …
作品に特徴的な語句
びと おろ 返答ことば なげ 薄明うすあかる あが ちん まばら 桃割ももわ そよ うしろ 寝台しんだい はず 根懸ねか しか ひび 難有ありがと きん かさ すか まよい 葉巻はまき まばた 盗賊とうぞく ひそ 気違きちがい 晩夏おそなつ 昼間ぴるま あか 文字もじ えが こわ 御出おい おもむろ のち はじ ゆか ひさし はま 山内やまのうち そと 壁側かべぎわ かわ しわが 一言いちごん くだ 途端とたん ぼん まぶ 二十はたち ひとみ 硝子ガラス わたし うかが 笑顔えがお 箪笥たんす むらが とう まぎ 乳房ちぶさ ふち つな 羽音はおと そび 肝腎かんじん ふと 脂汗あぶらあせ 腫上はれあが ひざ すすき 苛立いらだ 茫然ぼうぜん 莫迦ばか とぼ おお 久米くめ 薄眼うすめ 蜘蛛くも はえ のぞ 足響あしおと あと ひざまず かかと 輪廓りんかく うち 両肘りょうひじ ひびき 万斛ばんこく
題名が同じ作品
(新字新仮名)豊島与志雄 (著)
(新字新仮名)ハンス・クリスチャン・アンデルセン (著)
影:(一幕) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
(新字旧仮名)北原白秋 (著)