かげ(一幕)(ひとまく)
登場人物——重兵衛。太吉。おつや。旅人。巡査。青年甲、乙。 現代。秋の夜。 相模国、石橋山の古戦場に近き杉山の一部。うしろに小高き山を負いて、その裾の低地に藁葺きの炭焼小屋。家内は土間にて、まん中に炉を切り、切株又は石などの腰かけ三脚ほどあ …
作品に特徴的な語句
ひやや 気違きち ふとこ しも わけ じゅう ぱち がち たま あが おこ 芸妓げいこ かま なに えて あった ことわ いや 居据いす はず 土竈どがま 附合つきあ きん よい しゃく かよ もう ごと 藁葺わらぶ すすき きこ えん 簑笠みのがさ きたな てら とも 滅切めっき 湯沸ゆわか ぶう たのし 木賃ぼくちん ほがら あら しば ふる なる 引出ひきだ まき 山路やまじ 如何いかん 大酒おおざけ 仕舞しまい 口塞くちふさ 取締とりしま 可怪おかし くだ 取出とりだ かみ 箱根はこね 仕舞しま 自在じざい 他生たしょう ふけ うらや 罎詰びんづめ びん まと 繁昌はんじょう すが なわ もっ 継穂つぎほ 仰山ぎょうさん 獅噛しが 真逆まさか 真平まっぴら しか けもの そば 無暗むやみ 眼力がんりき
題名が同じ作品
(新字新仮名)芥川竜之介 (著)
(新字新仮名)豊島与志雄 (著)
(新字新仮名)ハンス・クリスチャン・アンデルセン (著)
(新字旧仮名)北原白秋 (著)