かげ
あつい国ぐにでは、お日さまが、やきつくように強く照りつけます。そこではたれでも、マホガニ色に、赤黒くやけます。どうして、そのなかでも、ごくあつい国では、ほんものの黒んぼ色にやけてしまうのです。 ところが、こんど、寒い北の国から、ひとりの学者 …
作品に特徴的な語句
失策しっさく 新来しんらい 露台バルコニ 同行どうこう とう はず たたか 教授きょうじゅ きょく 真実しんじつ ぜん 在宅ざいたく おっと ぼう 所有しょゆう 故郷こきょう 温泉おんせん しん 習慣しゅうかん ゆる 下宿げしゅく 不良ふりょう 両親りょうしん 主人しゅじん 二言にごん 全快ぜんかい 半開はんびら ゆう 同伴どうはん 客人きゃくじん 往来おうらい したが 支払しはらい おさ 衣服いふく うん 高価こうか 一働ひとはたら 一理いちり 一風いっぷう なら ひと 人民じんみん 人物じんぶつ 人間にんげん 仕着しきせ 利目ききめ 功徳くどく 十分じゅうぶん 卒直そっちょく 古代こだい 召使めしつかい 問題もんだい 善良ぜんりょう なつ 天井てんじょう 天分てんぶん 天性てんせい 太古たいこ おく つま 始終しじゅう 姿すがた 婿むこ 学者がくしゃ 尊大そんだい 年金ねんきん 幸運こううん 広間ひろま かげ あと 忠義ちゅうぎ 性分しょうぶん 悪事あくじ 想像そうぞう 感情かんじょう 成長せいちょう 戸口とぐち はら 拝察はいさつ 指輪ゆびわ ささ 教会きょうかい たび 旅行りょこう 旅費りょひ ばん 晩方ばんがた 普通ふつう 有福ゆうふく 本式ほんしき
題名が同じ作品
(新字新仮名)芥川竜之介 (著)
(新字新仮名)豊島与志雄 (著)
影:(一幕) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
(新字旧仮名)北原白秋 (著)