“在宅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うち40.0%
いで30.0%
ざいたく15.0%
5.0%
いま5.0%
ゐま5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ことによれば里見恭助という兄も在宅かもしれない。人がいては、金を返すのが、まったくだめのような気がする。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「お嬢さまでございますか、先日は大変失礼を致しまして、申訳もございません。今日は、あのう! お父様はお在宅でございませうか。」
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
案内を乞うと、太ったお手伝いさんが出て来たが、丘田氏は幸い在宅とのことだった。私は何ヶ月振りかに、その応接室に通った。
ゴールデン・バット事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
在宅るとも、か用だろうか。』
郊外 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
在宅すことは、在宅すが、お目にかゝれますかどうか一寸伺って参ります。」
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
在宅すことは、在宅すが、お目にかゝれますかどうか一寸伺つて参ります。」
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)